GRD型 SK-

SK-60G-RD


GRD型(地中埋設・パイプ導入型)ガソリントラップ 材質:GFRP

地中埋設型
パイプ導入型

ガソリントラップ
材質:GFRP

各種蓋選択

蓋は選択により材質変わります

サイズ仕様等は下田エコテック公式HPにて
確認をお願いいたします。

下田エコテックHP
http://www.shimoda-ecotech.co.jp/


受注生産品にてキャンセル一切できませんので
予めご了承ください。

受注生産品ですので

納期注意
約2週間程度かかります。



GRD型 SK-60G-RD SUS304

贈答品としてもポピュラーなハムは、生のままサンドイッチの具にしたり、ハムエッグやサラダの具などに重宝に使えることもあって、人気が高い食材の一つです。ベーコンやウインナーソーセージと違って焼かずに賞味できる便利さも魅力です。豚のもも肉などから作られるスタンダードなハムのほか、日本人は生ハムを特に好むと言われ、好みが分かれることで有名な生ハムメロンはさておき、オードブルのほか、サラダやピザの具材としても親しまれています。通常のハムとの違いは、塩漬け・燻煙した後、加熱するかどうかで、加熱していない生のものが生ハムです。加熱していないからこそ、通常のハムよりも鮮やかな色合いを帯び、その見た目も魅力の一つになっています。日本で流通している製品の多くはドイツ製と言われますが、イタリアンの食材のイメージが強いのも、日本ならではと言えます。ハムにするのはほとんどの場合、豚肉で、他の食肉のハムは珍しい部類に入りますが、さらに珍しい素材を使ったハムが、日本でじわじわと人気を高めています。それが、魚の生ハムです。魚の場合、生と付かない普通のハムというだけでも、一般的ではない印象で、見たことがない人にとっては、どういった見た目になるのかという点からして、想像しにくい面もあります。
魚の生ハムは、新鮮な魚が水揚げされる地域で作られた市販品もありますがJOHNAN 油吸収材 アブラトール チューブ(MFT40)JOHNAN 油吸収材 アブラトール 片面フィルム付 PC50F、昨今話題となっているのは手作りされたものです。ある会社が画期的な食品用脱水シートを開発し、いったん冷凍された魚を解凍する折に出る水分を吸収したり、一夜干しや燻製の下ごしらえ用として販売されるようになりました。新鮮な魚に塩をふって、その食品用脱水シートで隙間なくくるんで数日間冷蔵庫で寝かせるだけで、良い感じに水分が抜け、絶品の仕上がりになると言います。釣り名人などが刺身などにした大量の釣果を賞味し切れず、保存のため作り始めたところ、美味この上ない生ハムに変身したことが口コミで広まり、さまざまな魚で試されるようになりました。
人気の種類はやはり鯛で、食品用脱水シートによって生ハムに生まれ変わると、元々の美味しさがさらに凝縮され、クセになる味わいになると言われます。さらに魅力的なポイントは、見た目の美しさです。元祖である豚もも肉製のものも、透き通るような紅色が魅力ですが、鯛の場合、薄くスライスされたものは、真に繊細な透明感を備え、刺身や、焼いたり蒸したりしたものとも違う、魚の新たな魅力を引き出す賞味方法となっています。
ハムということで、洋風の雰囲気に変化したことから、魚が苦手な人にも賞味しやすい味わいとなっているのも利点の一つで、水分が抜けているぶん、生のものより冷蔵庫の中でしばらく保存できることから、こまめに料理に使えるところも、料理好きの人に喜ばれています。適度な塩味が付いていることから、他の具材に特に味付けしなくてもサッと合わせて料理を仕上げることが可能ということで、茹でたてのパスタにあえたり、サラダをに添えてオリーブオイルをかけるだけでカルパッチョ風の一品が完成します。刺身で美味しい魚の種類であれば、どれを素材にしても、味はもちろん見た目がきれいに出来上がることから、オードブルにも最適で、ホームパーティーの前にさまざまな種類の魚で作っておいて、スライスして盛り付けることで、見た目にも鮮やかなオードブルに仕上げることができます。楽しいおしゃべりに花が咲くパーティーなどでは、料理をすぐに食べきることなく、しばらくテーブルにおいて少しずつ賞味することも多いだけに、暖かい季節などは特に、刺身よりも、生ハムの状態になっているほうが安心感もあります。

<賃貸物件をお探しなら>JOHNAN 油吸着材 アブラトール シート 65×65×0.4cm P-65JOHNAN 油吸着材 アブラトール マット 50×20×2cm Y-52
アンビジョンルームピアへJOHNAN 油吸着材 アブラトール ロール 50×0.3cm 50m巻 ER-50-0.3JOHNAN 油吸着材 アブラトール 緊急対策セット C(C1)

手作りのものが人気を博していることもあって、魚の水揚げがさかんな地域でも、それぞれの地域の名物となっている鮮魚を使い、プロの技術で生ハムを製造、新たな名産品として登場しています。インターネット通販が一般的になったことで、これまでは地元を訪れた観光客がお土産として購入して行くくらいの売れ行きだった製品が、口コミなどで瞬く間に評判を呼び、全国からお取り寄せの注文が入るようになった製品も数多く登場しています。米などは、味にうるさい人はブランド米を生産者から直接購入することも多く見られるようになってきましたが、鮮度が命の魚の場合、冷凍のクール便で配送しても、種類によってはせっかくの味が今一つになってしまうものもあります。本当は刺身が最高でありながら、仕方なく加熱調理というケースも少なくありませんでしたが、そういった種類も、生ハムに変身させることで、刺身に匹敵する美味となって、望む人の元へ届くようになります。業務用で卸売に出せるものの幅がグッと広がるという点でも非常に魅力的な形態で、今後さらにブームが盛り上がることが期待されています。健康に良いと言われながら、手軽に賞味できる市販のハムやベーコンなどが充実している肉に比べて、今のところやや不利な魚だけに、リーズナブルな市販品のハムも待たれるところです。